2nd
 September
2014

ちょっと遠くに、凄く優秀だと言われている営農法人があります。
今の研修先の人が知り合いがいるというので、見学に行かせてくれました。

ある作物なのですが、たいした収量でもなく、圃場を見ても、管理(葉欠き、草取り、防除、潅水等)出来ていなくて、しかもハウスじゃないので、膨大な面積(2町)という悪条件でやっており、
「これで優秀なの?たいしたことね~な」
って思いました。

その後、別の機会でJAの研修会でもその圃場に見学に行ったのです。
「え~、もう一度行ったし、たいしたことなかったし、いいよ~」
って思ったのですが、無理矢理行かされました。

今度はJAの正式な研修会だったので、その営農法人もしっかり資料を用意していました。
その資料を見て驚愕しました。

余剰金300万!

「あの収量で・・・この管理で・・・利益だしている・・・凄い・・・」

この営農法人が作っている作物は、路地では正直あまり儲からないので、赤字じゃないってだけで、凄いことなのです。
県内でもいち早く黒字化を達成し、実は経営が優秀という事で有名な法人だったのです。

その秘訣は・・・勿論、管理に人件費を掛けない!
病気にならないギリギリの葉欠き、土壌水分計による必要最低限の潅水、除草剤を使って効率的に除草、あらゆる作業の効率化など等、とにかく人件費を掛けない事に心血を注いでいました。
結果、最初見た時
「管理できてないな~」
って思ったのですが、人件費を掛けないためにわざとだったということです。
">
▲PageUp

弱い奴は、いや、弱さに甘んじる奴は、おれは軽蔑する。

自分の正当な権利を主張しない者は、
他人の正当な権利が侵害されるとき、共犯の役割をはたす。

「哲学的名言集」哲学的な何か、あと科学とか

ラインハルト・フォン・ミューゼル

(via naonanigashi)

(via messanacaravan)

(via mmqqbb) (via kento0307) (via allgreendays) (via hkj)

(via andi-b) (via yellowblog)

(via desespoirdeigrek) (via gkojay) (via mcsgsym) (via reretlet) (via lovecake) (via sakimura)

(via atm09td) (via zaq1234)

(via golorih) (via it-shine-reading) (via usaginobike) (via eachbookonthedesk) (via usaginobike) (via lovecake) (via sakimura) (via atm09td) (via tra249) (via 9200000) (via hetmek) (via deli-hell-me)
▲PageUp